スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒンドゥー教の聖地の一つ、プシュカル(4月9日) 

おととい、ウダイプルよりプシュカルに着きました。
ウダイプルは若干高地のため、朝夜は涼しく過ごしやすかったので5日もいた。
景色もよく、ここの王はマハラジャではなくマハーラーヤナだったかな?
と呼ばれていて、とても強くインド独立までずっと他国からの侵略を防いでいたみたいです。
そのせいか、街のいたるところに立派な宮殿がある。
近くにあまり安い屋台などがなく、ちょいと食費はかかったものの
泊まった宿で食べたターリー(インドの定食のようなもの)が最高に旨かった。

プシュカルはヒンドゥー教の神の一人、宇宙を創造したブラフマーの寺院があるところです。
インド広しといえ、ブラフマーの寺院があるのはなんと、このプシュカルだけなのだ。
まぁ、それだけ人気がないってだけなんだけど・・
何で宇宙を創造した奴が人気出ないのか・・・世界を維持するヴィシュヌや世界を破壊するシヴァの方が人気なのは何でなんだぜ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://teriman.blog119.fc2.com/tb.php/439-44433b77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。