スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンピですわ。(3月10日) 

プリからハイダラバードまで電車で24時間かかった。しんどいなー、さすがに24時間は。
プリにいると金はかからないけど、人間がダメになりそうだ。16日いたが、それでもあそこでは短い方だからな。
ハイダラバードも2,3日いようかと思ったが、安宿があんまりないので一泊だけすることにした。
とりあえず有名(らしい)チャール・ミナールという門とイスラム教のメッカ・マスジットを見て終了。
久しぶりに猛暑の中歩いたので、ヘトヘトになった。電車でもあまり眠れなかったので体力がない・・
インドは南に行くとイスラム色が濃くなっていき、所々にアザーンなどを流すミナレットがある。
確か、タイでも南はイスラム教徒が多かったよな。
次の日に、近くのゴルコンダ・フォートという昔のお城まで足を伸ばしてみた。
バスで1時間、18円で行ける。やっすいなー。
お城は景色も良く、造りもしっかりしてて見応えがあった。
ハイダラバードでは一番いいとこだと思う。
夜に夜行バスに乗り、ホスペットへ。11時間、そして乗り継いでハンピに到着。
夜行バスでも前のやつがアホだったせいで、なかなか眠れなかった。
いくらインドが暑いとはいえ、夜高速で走るバスの窓を開けてれば寒いもの。
それに風がばんばん顔にあたるから、ちっとも眠れなかった。
窓を閉めてくれと言っても、ブツブツ言って全然閉めやしない。
この時、初めてインド人に殺意が湧いた。

ハンピに来たかったのは、今まで会った色んな人がハンピ良かったと言っていたのでずっと来たかったのだ。
実際来てみると、確かにいい。
ホントに小さな街で時間もすこぶるゆっくり流れている。インドらしい喧騒もなく、とても静かだ。
それに、なんといっても街の周りが格別である。
巨石で出来た山に囲まれていて、景色は最高だ。
その中にヒンドゥー教のでかいカラフルな寺院もあり、なかなか稀有な景色を醸し出してる。
川もあり、それほど汚くはない。
インド人が水浴びや洗濯をしてるが、うんこしてる人はそんなにいない。ってかまだ見てない。

ここの滞在も長引きそうだ。
そういえば牛もバナナを食べるらしい。
バナナを道端でしきりに勧めてくるおばちゃんから、一房20円で買って歩いていると牛が追ってくる。
なかなか立派な角をしてるので、あまりいい気分ではない。
この街には他に猿やリス、ヤギなどもいっぱいいる。勿論犬も。
プリの犬と違って、大人しいのがいいね。
とはいえ最初に泊まった宿で、朝起きた時。部屋に犬が2匹もいたのには驚いた。
ちゃんと鍵かけたつもりなんだが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://teriman.blog119.fc2.com/tb.php/433-26f55ec5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。