スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリ(2月20日) 

コルカタの南、プリに来ました。
ヒンドゥー教の聖地らしいが、特に何もないです。
海とゴミと人の糞だらけのビーチがあるくらいです。
インド人は海を見ながら野グソするようです。
さぞや気持ちいいのだろうが、見てる方は変な気分になるわ。

特にする事もなく、飯も朝夕宿で出るので金も全然使わない・・
のんびりするには、とてもいいところ。
インドの最後に来ても良かったかもしれないな。
まぁ、最後は皆大好きバラナシで締めるつもりだからな。

インドの列車移動、思ったより快適でした。
迷う事もなかったし。
確実に遅れるだろうと思っていたのに、コルカタ→プリは始発らしく時間通りに出た。
寝台も寒かったが、悪くなかった。
路線によっては、やはり12時間待ちとかザラにあるらしい・・・おそろしや。

しばらくは、ここでのんびりし。
次は遺跡に囲まれた街、ハンピを目指し。まずはハイダラバードへ行く予定。
ハイダラバード→ハンピ→ゴア
インドはでかいので、移動も毎回一日がかり。人によっては2,3日がかりと大仕事。
あんまりでかいのも困りものだね。

そういえば、コルカタと比べチャイ屋が圧倒的に少ない。
街の規模が何倍も違うんだから、そりゃそうなんだが。それにしても少ない。
コルカタではチャイというインドの紅茶みたいなのを毎日5杯くらい飲んでたんだけど、それが出来なくなってしまった。
残念である。宿でもあるにはあるが、10ルピーとやや高め。
量は多いみたいだが、量を飲みたいわけじゃないんだ。ちょっと喉を潤したいだけなんだよ。
コルカタでは3,5,7ルピーとあり。大きさで値段が違う。
大体3か5のチャイを飲んでた。
面白いと思ったのが、毎回陶器で出来た器でくれる。
更に驚きな事にその陶器、使い捨てである。
日本ではありえない使い方にビックリだ。
飲み終わると皆、投げ捨ててパーンと割ってる。
インド人は土で出来てるから捨ててもいいんだと言うが、それにしても勿体ない気がするんだがなぁ。
しかし、一度割るのに馴れてしまうとなんだか病みつきになる。
最初こそためらったものの、今では飲んだら必ず投げ捨てて割るようにしてる。
プリのチャイ屋はコップで出るので、それも出来ない・・・
残念だな~。
スポンサーサイト

コメント

器って素焼き?それとも乾燥させただけ?
瀬戸出身として気になる。

ところでウンコにはまみれたの?

Re: 器

どうなんだろ・・・
焦げ跡とかなかったから、乾燥させただけなのかな。
なんにせよ、作るのにそこそこ手間隙かけたであろう器を
なんなく割る感覚。たまりません・・・

まだクソにはまみれてないよ。
道にも牛の糞だらけだけどね。
普通に道路を牛がのしのし歩いているのは不思議な光景だ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://teriman.blog119.fc2.com/tb.php/432-90e435e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。