スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド!!(2月14日) 

とうとうインドにやってきました!
現在コルカタです。
空港から出た瞬間物乞いやら、なんやらでめちゃくちゃにされて身ぐるみはがされるんじゃねーかと思ってたんですが・・・
そんなことはなく、しかもインドではオートリキシャの交渉がかなり大変だと聞いていたので気合入れて着たものの。
なんと空港にプリペイドタクシーなるものがあり、一切交渉なしに適正価格(やや高め)で行ってくれるシステムがあった・・・インド、思ったよりチョロくね?
そんなわけで簡単にゲストハウスに到着。渋滞が凄いので、少々時間がかかったが・・
勿論到着した時、運転手にチップを要求されるも笑顔で一蹴。
宿に入り、部屋を見せてもらった・・
が、なんともはや。驚く程狭いシングルに案内される。今日はこの部屋しか空いてないとのこと。
まぁ、インドは初めてだし。日本人が一杯いる宿で情報収集した方がいいので決める事にした。
しかし、ほんとに狭い。ベッドしかない。ベッド一つしか入らない。
日本の刑務所の独房の方がよっぽど、快適だろう。きっと1000ルピーはとられるに違いない。
俺の部屋は200ルピー(400円)。それでも高いと思う。せめて100ルピーにしてほしいところ。
でも、そんな部屋でも3日も泊まればすっかり慣れちゃったりするんだけども。慣れって怖いね。

道を歩いていたら、勿論想像通り色んなインド人に声をかけられるものの・・・
あれれ?全然しつこくないぞ。割とアッサリひくじゃないか。
インドは世界三大ウザい国の一つ。人によっては最高にウザいと聞いていたのに・・・
これなら、モロッコの方が遥かにウザかったな・・・
コルカタはインドでも4番目にでかい都市なので、そのせいもあるのかなと思う。
つってもデリーは遥かにウザいらしいけど・・・なんにせよコルカタはそうでもない。
しかもインド人。これがなかなか、いい奴が多いじゃないか。
善意と見せかけて金を要求してくる奴も、勿論いるんだけど。
そうでないのも一杯いる。
今日なんかも電車のチケットを買うときに、ペンがないので(オフィスでは貸してくれない・・)
一旦外に出てペンでも買おうかと思って記入用紙片手に外に出たら。
それに気づいた通りすがりのインド人が、ペンを貸してくれるどころか
記入の仕方がわからないだろうと気遣ってくれて、代わりに記入してくれた。
そして、なんの見返りもなく颯爽と去っていきやがった。
インド人いい奴すぎだろ。

インドは飯も旨い。確かにカレーばっかりだけど、色んな種類があるし。
カレー以外も勿論ある。カレーはそんなに辛くない。タイの方が全然辛い。
甘い物も一杯ある。ヨーグルトを砂糖と氷水で混ぜたインドでは有名な飲み物ラッシもかなり旨い。
ラッシで腹を壊す人もいるみたいだが、インド来てから毎日飲んでても問題ない。
酒は売ってるけど、やっぱり高いのでインドにいる間は断酒しようと思います。
ついでにインドで肉はそんなに食べないし、高いのでインドにいる間だけベジタリアンになろうと思う。
食いたい時は食うけど、基本ベジでいこう。
体を健康にして、インドを出ようキャンペーンを勝手に実施することにした。

コルカタに来てから、街歩きと食い歩きしかしてなかったが今日観光らしきものをしてきた。
カーリー女神寺院に行ってきました。
ここが有名な理由は、なんと!
毎日ヤギの首を切り、生贄に捧げるという。一体いつの時代なのかと思われる事をリアルにやっていることで有名な寺院です。
毎日やってるし、無料で見れるのでと行ってきたんだけど・・・

すげーテンションが下がる。
しかも切られるのはホントに小さな子ヤギ。
ものすごくあっさり切る。それも淡々と切る。
切れ味のいいナタで一発。きっと痛みも感じないでしょう。それだけが救い。
でも切られた後も体はピクピクしてるし、目もキョロキョロ動いてる・・・
そして一定時間たち、死ぬ。
切られてもしばらくは生きてるんだけど、ある瞬間から死んだとハッキリわかる。
何故だかわからないけど、ハッキリとあ、死んだ・・ってわかる。
そして死んだとわかった瞬間、不思議な事にモノにしか見えなくなる。
切られた体の方はまだピクピクしてるんだけど、頭の方で死んだとハッキリわかる。
命って不思議だ。

しかし余りの衝撃的な光景に、ついつい涙が出てしまった。
しかも切られた子ヤギは丁重に扱われるのかと思いきや、首切り台からポイっとそのへんに投げて
しばらくの間放置という。日本ではありえない死体の扱い方に驚きを隠せない。
やはり死んだ瞬間から、モノとして扱われてしまうようだ。
インド人とは考え方が根本的に違うんだなと思った。
一日に何匹も切るみたいで、続いてすぐに2匹目の首も切った。
一匹目の時はなんの抵抗もなかったし、泣き声一つあげなかったが。
二匹目の時はギャーギャー泣き喚いて最後まで抵抗していた・・・

まだヤギは後ろに控えていたが、その時点で寺院を後にすることにした・・
インドってよくわからんわ。
他にも日本人からインド人の祭りをいくつか聞いたけど、聞けば聞くほどインドは訳わからん。
すごい国だということだけはわかった。
インドの旅はまだ始まったばかり。
いや~、楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://teriman.blog119.fc2.com/tb.php/431-0d7a9f36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。