スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトサファリSUGEEEEEEEE!!!!!!(12月24日) 

重い腰をあげ、せっかくなのでと観光してきました。
まずはチェンマイにきたらここ。と言われる寺ワットドイステープに。
旧市街の北門付近から乗り合いバスが出ている。ただ一定以上の人数が集まらないと出発してくれない。
正確にはしてくれないこともないが、その場合追加料金がかかる。
なので待つことに、なかなか人が集まらない。ちょいちょい2人ぐらいくるが、いずれも待ち切れず追加料金を払うかトゥクトゥクに乗っていってしまう。
辛抱強く待ち2時間ぐらいで5人集まり、ようやく出発。
今更タイの寺には、これっぽっちも興味はなかったが、そのお寺からはチェンマイの街が一望出来るそうな。
山を登っていき、寺の前へ。入り口付近には屋台が一杯並んでいる。
両側が蛇で出来ている階段を登っていき、30バーツ払って中へ。
いつも通りの金ピカの仏塔が立っている、その周りを参拝客らしき人々が蓮の花のツボミを持ってくるくる回ってる。
そんな光景を後目にviewポイントへ。
確かに一望出来たが、やや霧だか排気ガスだかでクリアーではないな。残念ながら。。
こうしてみるとあんまり大きくないな。でも、これくらいが丁度いいんだろう。
他に見るものもないので、1時間程で帰った。

そして夜、クリスマスイブに宿で一人で酒飲むのもどうかと思ったのでナイトサファリに行くことにした。
入場料500バーツ。ナイトバザーの前から無料のバスが出てる。事前に要予約。

バスにはイタリア人の家族とフランス人のカップル。そして日本人の俺。
なんか国民性を表してるなーなどと思いつつ出発。
到着してチケットを受け取りいざ中へ。
園内は大きく3つのエリアに分かれていて、ライオンなどがいるプレデターコースとその他のサファリコース。
この2つは2両編成の車に乗り、英語ガイドが喋りながら案内してくれる。
もう一つは歩いて廻るコースだ。どれもチケットに含まれているので追加料金は必要ない。
最初にプレデターコースへ行き、歩いて廻るコースへ行き、最後にサファリコースへと行ったが。
いやーすごかった。迫力満点だった。動物園は夜来るものだということをこの歳にして知りました。
ここの動物達が特別なのか、どこも夜に行けばそうなのかはわからないけど。
このチェンマイの動物達はすごい。サービス精神旺盛だった。
プロフェッショナルな奴等ばかりだった。
俺の今までの動物園のイメージといえば、寝ている動物達を遠目から眺めるというつまらないものだったが。
ここでは違った。
車が来て、ライトに照らされると寝ていた動物達も起き出し近くまでやってくる。
中にはそれだけでなくパフォーマンスしてくれるやつらもいた。
ホワイトタイガーは終始動き回っていたり、ベンガル虎は二匹でジャレあっていたり。
熊は直立してくれたり、キリンやシマウマなんかはホントに目の前まで来る。
座っている場所さえ良ければ触れる。キリンなんか車の中に首突っ込んでくるし。
あんな間近でキリン見たのはじめてだ。でけーっす。キリンさんでけーっす。マジパネーッす。
キリンの赤ちゃんもいて可愛かった。
象も俺達が近づくなり親象が水しぶきを鼻から噴いたり、子象が寝転んでみせたり直立してみたりと
さすがはタイの象徴といったところ。
かなり満足度の高い動物園だった。個人的には旭川動物園よりよかったな。
チェンマイに来た際は是非、ナイトサファリへ。
久々にいいクリスマスイブだった。勿論一人で来ていたのは俺ぐらいだったが。。。

c1

c2

c3

c4

c5

c6
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://teriman.blog119.fc2.com/tb.php/425-019c87a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。