スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一周年も無事終わり、チケットの期限も終わった・・・(4月13日) 

なんと、未だにハンガリーはアンダンテホテルにいます。
居心地が良くて、なかなか出られないよー。
一周年も無事ここの宿で迎えられました。
偶然ですが、この日の夕食はフォアグラの鉄板焼きと鍋という豪華なものでした。
お陰で記念すべき一周年になれた。人生二度目のフォアグラも食えたし。すげー旨かった。

ここでは特に何をしてるって事もなく、毎日をダラダラと過してます。
外出は夕食の買出しだけとか・・・
しかし、勿論観光もした。
スロヴァキアのスピシュ城に日帰りで行ってきた。
朝の5時30分に起きて6時33分の電車に乗り、帰りは18時6分の電車で21時ぐらいになったが。
しかし良かったわ。スロヴァキアすげー小さい国だし、何もない。
駅に停まっても、何の音もしない。人住んでンのかな?
人々も親切で日帰りじゃちょっと、勿体なかったかもしれない。
物価も安かったしね。一応Euroだったけど。
スピシュ城はラピュタのモデルらしいけど、確かにキレイだった。実際はどうだかしらない。
田園調布に囲まれた丘の上に建つ城で、とてもキレイだった。それに守り易そうだったね。
焼き落とされて今は廃墟になってますが・・・
驚いた事にそこの街もシーズンじゃない為か、お土産屋が一軒もなかった。
すごいね。一応世界遺産なんだけどな・・・見る価値も充分あるはずなんだが・・
悲しいかなお客さんは、俺たち二人を含め10人ぐらいだった・・

明日はようやくクロアチアのザグレブに行きます。
アンダンテ良かったな。
そういえば、料金体系が変わって更に長期だと安くなったみたい。
ここも必死です。
居心地がいいところなので、潰れないように皆に泊ってもらいたいね。
スポンサーサイト

ブダペストにて・・(4月8日) 

ウィーンに移動してシェーンブルン宮殿やら、歴史博物館、近代美術館などを回った。
シェーンブルン宮殿はさすがハプスブルク家といった感じで、広大な敷地を贅沢に使ってた。
今あれだけの土地を買おうと思ったら一体幾らいるやら・・・
ウィーンの街並は今までのヨーロッパと比べると、可もなく不可もなくといったところ。
ホステルの質は良かったな。
同じ宿に日本人のおっさんがいて、わざわざ日本から持ってきたギターでストリートライブをしてた。
そこそこもらってたみたい。ええ年して、何をやってんのかねぇ・・
ところで、ああいう年代の人達ってのは何で俺はあの有名人と知り合いなんだと自慢したがるのか・・・
くだらねぇな・・・意味もない。

で、今はハンガリーはブダペストの日本人宿にいます。
ハンガリーではやや高いところですが、居心地はとてもいいです。
なんと!日本人宿なのに、暖房がついてて暖かいし。
wifiあるし、日本語打てるPCも置いてあり更に漫画、小説、DVD、PS2まであります。
もう家だね・・
更に今なら管理人さんが、元フランス料理のシェフなのでシェア飯などを作ってくれます。
フランス料理ではないけどね。でも美味いです。
他にもオーナーの人がビール持ってきてくれたり、寿司職人の方がバッテラ持ってきてくれたりします。
寿司なんて日本出てから初めて食べたわ。やっぱうまいね。

ちなみにここブダペスト、あんまりみどころはないね。
街がキレイかと言えば、そんなことはなく。一気にヨーロッパっぽくなくなった感じがします。
さすがは、元共産圏といったところなのだろうか・・
一応宮殿の夜景などは、そこそこキレイだけど。正直それぐらい。
あとはオペラが安く見れるぐらいかな・・・
まぁ、ハッキリ言って中継地で休憩地だね。
今は5泊目で、明日クロアチアのザグレブに行こうかどうか思案中。
どーしよ・・

ウィーンの宿
Hutteldorf hostel 一泊16.5Euro ドミ 朝付 freewifi
朝飯充実してます。

ブダペストの宿
アンダンテ 一泊15Euro ドミ 長期割引あり freewifi
夜はもっぱらシェア飯 タマにoさんが寿司もってきてくれます。
オーナーさんも、よく酒とつまみ持ってきてくれます。
漫画、小説、DVD、PS2あり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。