スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこくメキシコ。が・・・(10月26日) 

またメキシコシティに戻ってきました。

さて、あれからグアダラハラを後にしタスコに行ってきました。
かなり遠回りです。何故なら一旦グアダラハラからメキシコシティに戻り
そのままタスコに戻ったからです。グアダラハラは夜行だったものの
全部で11時間以上はかかってます。
疲れた・・・

タスコは綺麗な街でした。山の斜面に街があり、家々もほとんど白いのですごくキレイです。
ヨーロッパみたいでした。行ったことないけど。
街を走る車も7割ぐらい、白のフォルクスワーゲンビートルやらワゴンやらが走っていてエエ感じです。
宿代がちと高かったのがツライところ。と言っても10ドル未満ですが。

タスコには銀の市場が土日に開かれているというから、来たんですが・・
まず土曜日に行ってみて、確かに大きな市が開かれていました。
初日はまず全部を見て回って、明日の日曜日に買いたいモノがあったら買おうと考えていたんですが・・・
日曜行ってみると、店が土曜の3分の1ぐらいしか出てませんでした・・・やらかした。
昨日買おうかと思っていた店も出てなかったです。
ただせっかく、タスコまで来て何も買わないのもシャクだったので
ペンダントトップだけ買いました。50ペソ。高いか安いかはなんとも言えず・・・
まぁ、お土産だね。

んでまぁ、またメキシコシティに戻ってきたわけです。
以前泊まったのと同じ宿、ペンションアミーゴです。宿を出る前にいた人達とまた再会しました。
皆好きやな。ってか安いもんな。

今回は一泊だけします。
そしてそして、いよいよ!ようやく!

明日ニューヨークへ行きます。

あぁ、長かった。めちゃ遠かった。
当初の予定なら7月には着いてるはずだったのに・・・
何を間違えたのやら・・・暖かいうちにNYやヨーロッパ行くつもりだったのに。
今からじゃ、NYはまだしも。極寒のヨーロッパに行く事になりそうです・・・辛い。
ま、しゃーないけど。
NYの物価やらなんやら、色々と不安ですが何とかなるでしょ。アメリカだしね。
一番の不安は慣れ親しんだ(言いすぎか?)スペイン語ではなくなるということです。
久々の英語。約半年ぶりぐらいです。
ちゃんとやっていけるのだろうか・・・・
更なる不安は明日の夜8時頃に着くということ。NYの治安はどうなのか。
大丈夫そうな気もするけど、こわっと思ったらタクシーに乗ろうかと思ってます。
宿は予約済みなので。タクシーいくらすんだろか・・・

NYには大体一週間ぐらいいるつもりです。
その間やりたいことは、ウォールストリート、グラウンドゼロ、エンパイアステートメントビル、
自由の女神、アメフト、アポロ劇場、JAZZバー、古着屋巡りです。
一週間で足りるのか・・・?

ま、そんな感じです。ちなみに宿はJAZZ ON THE VILLAというホステル。
いよいよだな。
スポンサーサイト

そして、いまだにメキシコ(10月23日) 


近々NYに飛ぶとか言っておきながら、まだメキシコにいます。
今はメキシコ第2の都市とか言われる、グアダラハラにいます。
第2の都市の割りには、しょぼいです。ろくにスーパーもありゃしない。
ここには、でっかいメルカドがあるのと
近郊の街にテキーラの原産地、その名もずばりテキーラという街があるぐらい。
昨日行ってきましたが、大した街じゃないね。
金がかかるので、工場見学とかしなかったのもあるけど。
特にやることはないです。ツーリスティックだし。
やった事と言えば、アガベというテキーラの原材料の畑を見ながら
お菓子食ってジュース飲んだぐらい。
畑の周りは、とても景色のいいのんびりとした所でした。
問題といえば近くに下水を流れる川があったので、ときたま臭いが風に運ばれてくることぐらい。

今日の夜にも、夜行バスで再びメキシコシティに行き。
そのままタスコという街に行くつもりです。
タスコでは土日にシルバーの市が幾つも建つみたいなので
それを見に良く予定。
んで、その後メキシコシティに戻り飛行機で今度こそNYに行きます。

あ、そうそうトランペット買いました。
吹くの難しいわ。。。
ではまた。

メキシコシティにて・・・(10月15日) 

あれから、ウシュマル遺跡を見に行きました。
ここもまた、小ぢんまりとした遺跡でしたが
メインのピラミッドが「魔法使いのピラミッド」とかいうネーミングに釣られ
ついつい来てしまいました。ネーミングの由来は小人が一夜で作ったという逸話かららしいですが
実際には何百年(何十年?)かはかかったみたいです。そりゃそうだな。
ここもまた、ジャングルに囲まれていて魔法使いのピラミッドは登れないのですが
違うピラミッドの上からの景色はとてもよかったです。
マイナーな為か、人もいません。
見学に2時間もかからなかったわ。

その後メリダからメキシコシティに飛行機で飛びました。
バスだと20時間ぐらいかかるところを、2時間できました。
やっぱ飛行機はすごいね。値段は多分50ドルぐらいしかかからないと思う。
申し訳程度に機内食も出たしね。バスだとなんもでないからよしとしよう。
ちなみにシティへは、カンクンで会ってまたメリダでも会った人と一緒にとんできました。
シティの日本人宿「ペンションアミーゴ」に着いたら、グァテマラで別れた人と再会しました。
シティには一週間ぐらいいるつもりです。

とりあえずここでは、古着を見たりメキシコに来るもう一つの理由だった。
テオティワカン遺跡までいってきました。
今までの遺跡とは少し毛色の違う遺跡で、まだ都市だった頃の面影があります。
ドラクエに出てきそうなとこでした。
昔ドラクエやってた時、いい加減に作ってんなーとか思ってましたが
そうでもなかったみたい。割とあんなもんだね。むしろ忠実なのかもしれん・・・
他にはルチャリブレという、メキシコのプロレスをみてきました。
メキシコのプロレスは覆面レスラーが一杯います。
テンション上げるため、スタジアムの外で売っていたマスクを買って
被ったまま観戦してました。(最も暑かったので、途中で脱ぎましたが・・・)
全部で5試合あり、最初の方こそ地味な戦いばかりでしたが
試合を重ねるにつれ、どんどん派手になっていきます。
空中戦が多いのが特徴かもしれません。
ムーンサルトプレスを連発してました。
なかには、おかまのレスラーなんかもいて楽しかったです。
しかもそいつ、かなりの人気者でした。
メキシコのプロレスは善と悪としっかり分かれているのも特徴ですが
おかまは善側でした。やるなオカマ。

と、そんな感じです。
近々NYに飛ぶ予定です。
ではまた。

メキシコあっつい。(10月9日) 

暑くてビールがとまりません。
なんてことはないけど、しかし暑い。
相変わらずメキシコの物価が高いので、マトモな飯を食べてません。
一回ぐらい郷土料理を食べねばならぬと思っているのですが
値段を見ると、つい尻込みしてしまう。
まいったねー。

昨日はチチェンイツァに行ってきました。
メキシコに来る2つ目的のうちの1つ。ようやくです。
長かった。。ついでに中米も行くかなんてやってるから
なかなか辿り着けなかった。ようやくです。
しかし、いきなりそこでまたアクシデント。
9時のバスで1等のええやつのチケットを買っていたので
時間に余裕を持ってと、8時過ぎぐらいにバスターミナルに向かいました。
んで、係の人にチケットを見せると何故か困惑顔。
?と思っていると、9時はもう過ぎたとかホザく。
いやいや、俺のメキシコ時間に合わせた時計はまだ8時ですよ。
とか思ってたら、なんと!まさかの

サマータイム!!!!

GO FUCK YOURSELF!!

なんてこったい。結局1等バスには乗れず2等バスに乗りました。
しかも半額更に払って。。。
2等バスだと、時間も長くなり4、5hかかります。
帰りのチケットを既に買ってあり、それが16:30
観光する時間は約2時間。
こいつは時間との闘いになりそうだ。。。

チチェンイツァに着いて、とっとと入場。
ずんずか歩いていき、いきなりメインのピラミッド エルカスティージョ
とりあえず一周し、写真を撮り早々に次へ。
感慨も何もあったもんじゃない。
心を無にし、俺は写真を撮るマシーンと化した。
そうやって、ただひたすらベストショットのみを狙っていき
何とか時間内に見終わることができた。
少し時間があまったので、エルカスティージョをじっくり眺める事もできた。
そこまで広い遺跡ではなかったので、2時間でなんとかなった。
これが、ティカルや今度行くテオティワカンではそうはいかなかっただろう。
気をつけないと。
エルカスティージョでは北側の階段脇にだけ、蛇の彫刻があり
一年のうち2回、春分と秋分の日にピラミッドの段差による影で
羽を生えた蛇が見れるらしい。
この日は当然見れなかったが、影により蛇がウネウネしてるようなものは見ることが出来た。
ところで、2006年にどっかのバーさんが転んで死亡してから登れなくなってしまったようだ。
残念だ。バアさんも、登れなくなったのも。
帰りは1等バスで帰った。何が1等なのかというと
冷房が強いのと、窓に日除けがついている。そして決定的に違うのは
DVDがみれること。。。いらんな。
ちなみにパイレーツオブカリビアン ワールドエンドがスペイン語に吹き替えたモノだった。
1等バスに乗るのなんか、殆どツーリストなんだから英語のままでいいんじゃないかと思う。

んで翌日、7hかけてメリダへ到着。
明日ウシュマル遺跡まで行ってきます。
明後日にはメキシコシティに行こうと思ってたんですが、
明明後日になりそうです。
実はバスと飛行機で値段がさほど変わらなく、更に時間はバス20hぐらい
飛行機2hぐらいです。それなら断然飛行機だろうと早速チケットをとろうとしたら
220ドルとか。。。ポルケ?(なぜ?)
そんなはずはないと、別の日をみてみると143ドル。
どうやら3日前ぐらいには、予約しないとあかんみたいだね。
ま、しゃーないと12日に予約をいれときました。
メリダに1日多くいる事になってしまった。
そこそこでかい街だが、正直なにもない。近郊にもたいしたものはないし。
まいったね。まぁ、のんびりやります。

と、そんな感じです。

カンクン到着(10月7日) 

あれから、パレンケ遺跡に行ってきました。
小ぢんまりとした遺跡でしたが、見応えのあるとこでした。
特に一番印象に残ったのが、ラビットスカルの彫刻。
頭蓋骨の神殿の柱に彫刻されてるんですが、なんでそんなとこに
彫刻があるのかよくわからん。
未補修かどうかわかりませんが、状態はいいです。
後は4階建ての塔なんかもあり、なかなか壮観でした。
あとやっぱり暑い。

その日の夜にカンクンへ向け、夜行バスに乗りました。
17時発のバスだったのに、あろうことか16時36分に出発しました。
今まで中南米で遅れるのが、あたりまえ。定時に出れば奇跡みたいな
バスだったのに、まさかの早出。びっくりです。さすがに北米は違うということか・・

バスは13時間ぐらいかけて、カンクンへ。
よくわからんところに降ろされて、まずセントロまで行く術を近くのおっさんに聞いてみた。
すると、バスはなくてタクシーしかないという。しかも40ペソ。たけーよ。
でも聞いたおっさんは、タクシー運転手だったらしく信用できないので
売店のねーちゃんに聞いてみると、バスはないがタクシーとコレクティーボがあるとか。
やはりか。全く嘘つきのアホどもめ。
コレクティーボは7ペソ。すぐに来たので乗車。
セントロまで行き、降りると共に運ちゃんにパルケの行き方を聞いてみた。
どこのパルケだ?というので地図を見せてみると・・・これはカンクンの地図だ。ここじゃない。
って言われた。・・・・は?
じゃあ、どこなんだと聞いてみると・・・プラヤ・デル・カルメンだとか・・どこやねん!!
アホなのは俺だった・・・
どうやら降りる所を間違えたみたいだ・・・

とりあえず降りて、地図を物色。
カンクンまでは1.5hぐらいで行けるみたいだ。
コレクティーボがあるみたいなので、乗り場まで行くと丁度出発するところ。
30ペソと言われたが、仕方ない。カンクンに行かない事には話しにもならない。
これでは300ペソエアコン付きのに乗ってきてても、変わらなかったな。
そうすれば、ワキガのおっさんの隣に座る事もなかったのに・・・
1.5hかけて、ようやく到着。

歩いてカサ吉田まで行き、チェックインしました。一泊9ドル。たかいな。
まぁ、二泊だけと諦めよう。
明日チチェン・イツァに行って、明後日にはメリダの方に行こうかと思ってます。
ではまた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。