スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラグアイ移動日(5月19日)・・・再びアルゼンチンへ。 

四日目。
今日はパラグアイを出国し、再びアルゼンチンに入国する。
朝起きて早々にチェックアウト。3泊でアルゼンチンペソで92ペソだった。
USドルだと24ドルだったのだが、USドルは使いたくなかったので
ペソで払っといた。
向かいのバスターミナルへ。
ポサダス行きのバスに乗り込む前にチバを買う。
1ドルで4つ入りのを買った。

バスで再び国境まで来る。今回は勿論3ペソしか払うつもりはない。
しかし、二本目のバスでチケットを取られてしまった。
あれれ、おかしいな。3ペソだけで行けるはずだが・・・
次のバスが来て、他の乗客を見ていると後の入口から
平気で乗り込んでいる。成程、そうすればいいのね。
同じく後から乗り込む。
そして無事国境を越えたところで、えらいことに気付く。
なにげなく、ポケットに手を突っ込んだらなんと
ホテルの鍵を返し忘れてしまったようだ・・・
国境を越える前なら返しにもいったのだが・・越えてからではさすがに・・
国境を越えたばかりでまた国境を越え、更に鍵を返してからまた国境を越える・・・
いくらアルゼンチンーパラグアイ間が緩いとはいえ、さすがに怪しまれるだろ。
すいません。そのうち送ります。

さて、無事ポサダスのバスターミナルに着いたのでサルタ行きのチケットを買う
flecha busで16:15発 カマ171ペソ、セミカマ150ペソ
セミカマにしておいた。以前聞いたとき所用時間は9時間と言われたので
いちいちカマに乗る必要はないだろう・・・とか思ってたのに
いざチケットをもらってみると、到着時間がおかしい・・・
10時とかになってる・・・試しに所要時間を聞いてみたら18時間とか言われた・・
やらかしたか・・・今からカマに変えてと頼んだがカマは一杯らしい・・どの道だめか・・
18時間か・・まぁ、セミカマなら大丈夫か。少し寒いだろうが。

まだ12時前だったので、そのへんをブラブラして時間を潰す。
15時頃早々に乗り場に向かったら、すでにバスが到着していた。
珍しいこともあるもんだと乗車。冷房の効いた車内でうつらうつらしていると
15:30過ぎに出発した。あれ?16:15発なのに早いな。人が揃ったからまいたのかな?
不審に思い、よく考えると時計がまだパラグアイ時間だった。
アルゼンチンとパラグアイでは1時間の誤差がある・・・あぶねぇーーー!
やらかすとこだったー!早いどころか遅れてる。今16:30じゃねぇか!
余裕を持って乗ったつもりが、そうでもなかったらしい・・・早めにスタンバッといて良かった。

しかし席はとても良かった。セミカマだが隣も前も後もいなかったので伸び伸びできた。
カマより良かったかもしれん。飯もちゃんと夕食と朝食の二回出たし。
朝食はお菓子セットだったが、まぁいいだろう。
更に今回初めて、バスで熟睡出来たし。今回のバスはあたりだったな。
スポンサーサイト

パラグアイ三日目(5月18日)・・・街をブラブラ。 

三日目。
風邪は大分良くなった。朝パンを食べてから念のためもっかい飲む。
少しだるいが、洗濯物を出しに行く。一軒目で明日と言われたが
二軒目で今日中に出来ると言われたので頼む。朝8時に出して夕方16時だそうだ。
帰りにオーストラリアで2ドルで買ったサンダルが、限界にきたので
新しいのを買う。12000グアラニと少し高いが重量感と安定感が違う。
鼻緒も柔らかい。やはりオーストラリアで2ドルは安すぎたようだ・・
今度の鼻緒は取れる事はないだろう。

スーパー清美という日本人がやっている店に行き、情報ノートに書いてあった
栗まんじゅうを買う。10個入り9000グアラニ。旨い。
他にも醤油やさけ茶漬け、カップヌードルなど売っているが
どれも高いのでやめておいた。
その後、日本語入力が出来るインターネットカフェでblogのうpと
メールチェックだけしておいた。
街をしばらくブラつき、情報ノートに書いてあったヘラード屋(アイス屋)
があったので食べてみる。ドルチェデレチェとクッキー&クリームのダブルで
5000グアラニ。旨かった。店の名前はLos Dos Chinosというところ。

昼は宿でパンと栗まんじゅうを食べる。疲れたので少し寝る。
起きてからまた、街をブラつく。
街には衣類や違法CD、マテ茶の容器や下着、靴、アウトドア用品
電化製品、エンパナーダなど色々売っている。
ずーっと歩いていくと、屋台が固まってるところがあった。
その中で、焼き鳥みたいなのを食べてる人がいたので
何それ?と尋ねるとチャンチャだと教えてくれた。
美味しそうだったので頼んでみた。一本3000グアラニ。パンがついてくる。
焼き鳥とは多少違った味だったが、旨かった。やっぱ屋台は安くて旨い。
さらに街をブラついてから、15:30頃洗濯屋に向かうと出来上がっていたので
受け取ってから宿に帰った。
夜は雨が降ってきたので、近くの食堂で済ました。
ミラネーゼというとんかつみたいな肉とパンで10000グアラニ。

明日パラグアイを出てまたアルゼンチンに戻る。
サルタに向かうつもりだ。

パラグアイ二日目(5月17日)・・・トリニダー遺跡へ。 

二日目。
寒い。
昨日暖かいと書いたが、夜になるとめっちゃ寒い。
毛布二枚かけて何とか寝たが、それでも少し寒かった。
朝起きて軽く、食べる。昨日スーパーで量り売りしていた小さいパンに
ドルチェデレチェをつけて食べた。
準備をして、隣のバスターミナルへ。
そこで、チパを買いシウダーデルエステ行きのバスに乗る。
乗るときに、ルイナスデトリニダーと言わなければならないらしい。
トリニダーだけだと、通り過ぎたトリニダーという街まで連れてかれるそうだ。
5000グアラニ。
バスは庶民的なもので、かなりのんびり走る。
カーステレオからパラグアイの音楽みたいなものまで聞こえてきて
異国情緒あふれる感じだ。

1時間ぐらい乗り、少し通り過ぎたけども何とか到着。
一見して、遺跡だとは思えない。
でかい看板があるので多分合ってると思うが・・とりあえず歩いていく。
普通の民家が並んでいる・・ほんとにここか?
だが歩いていくと、遠目にそれっぽいのが見えてきた。
そうか、あれか。・・・到着。
入場料5000グアラニらしい。1万グアラニだしたらお釣りがなかったのか
小さいお金を要求された。しかし俺も4000グアラニしかないと言ったら
4000グアラニにまけてくれた。適当だが、ありがたい。
tori_2
tori_1

一応世界遺産のトリニダー遺跡です。
宿の情報ノートなどには、しょぼいとか書かれていたけど
いやいや、そんなことはないよ。遺跡好きで、しかも
ドラクエ等のロープレ好きの俺にとっては、充分満足出来る場所だ。
それに遺跡に関係なく、とてもいいところだ。
遺跡の他には、短い草が生え揃い。ぽつぽつと紫色の小さい花がある。
そして、これまたぽつぽつと木が立っている。
天気がいいので青空が広がり、緑の大地と合わさって
すごく・・なんていうのか、健康的だな。
いや、単純に気持ちがいいです。お弁当を持ってきて、そのへんに座って
食べるととても気持ちがいいだろうな。
tori_3
tori_6
tori_7

とりあえず、恒例のポーズ。
tori_5


うほっ!ダンジョン発見。しまった、薬草がねぇ。次の機会に・・
tori_4

いやいや、次の機会はないか。入ってみたら遺体安置所みたいなとこでした。


さて、トリニダー遺跡も大体見終わり満足したので帰る。
バス停はないので、降りたところの反対に待機し
エンカルナシオン行きのバスが着たら、手を上げて乗せてもらうらしい。
遺跡を出て、村の入口までくると丁度バスが来ていたので乗せてもらう。
バスは一杯だったので、立つしかないようだ。
1時間程揺られて、街へ戻る。
道中、近くの席の1~2歳ぐらいの男の子と女の子が酔ったのか
ゲロゲロ吐いてた。そんなに激しい揺れかな?子供にはきつかったのか。

街に着いてから宿に戻ると、鍵かかってるのは当然としても。
呼び鈴を鳴らしても、誰もこない。日曜だからどっか行ってんのかな?
ホテルでも、そうなりますか・・・とりあえず、他の入口を探す。
あった。裏口っぽいのが。鍵もあいてるようだ。成程ね。
荷物を置き、昼飯を食べにいく。
HIROSHIMAとかいう日本料理屋があって、情報ノートにめちゃ絶賛されてた
ので行ってみることに。・・・閉まってたOrz
日本食はまだ早いということか・・

仕方ないのでAKIKOさんに教えてもらった別の店に行ってみる。
安いところを聞いたつもりだったんだが、行ってみると
そこそこのレストランだった・・・まぁいいか。
席に座りメニューを見る。わからん。
ボーイのおっさんに、魚料理が美味しいと言われてたので
魚料理を聞く。フィッシュでは通じなかったが、さかなで通じた。
このへん、結構日本人がいるみたいだな。

話は変わるが、パラグアイは南米一の親日国らしい。
地球の歩き方に載っていた。こんなところで親日の国があるとは・・
しかし確かに初日の夜、隣でまさかのカラオケ大会が開かれていた。
こんな異国でカラオケ大会に遭遇するとは思わなかった。
日本語の歌も歌ってた。少なからず日本人もいるからだろう。
人口は666万人とか・・すくねぇ。
昔にボリビア・ブラジル・アルゼンチン相手に戦争をしかけた事があり
その戦争のせいで、人口が半分減ったとか・・・無謀すぎるだろ。
と、日本人の俺が言うことでもないか。
移民も色んなところから来てるみたいだ。勿論日本人もいる。
以上、簡単なパラグアイ情報でした。全部地球の歩き方より参照。

で、おっさんに提示された魚料理を見ると65000グアラニとか・・たけーよ。
もっと安いのを聞くと、パスタの魚を勧められた。30000グアラニ・・・
まぁいいか。ついでにワインも注文。25000グアラニ。
パスタと聞いてスパゲティーみたいなのを、想像してたら
でっかいマカロニの中に魚肉が詰めて、クリームみたいのをかけたやつがきた。
パスタって色々あるよね。だが味は文句なかった。旨い。
ワインも旨い。一緒にパンもあるのでパンもガツガツ食った。
腹が一杯になり、更に軽く酔ったので幸せ一杯だ。

店を出て、まどろみながらも街をブラつく。
しかし日曜なので、どこも店が閉まっててつまらない。
パラナ川が近くにあるので、そこまで行ってみることに。
ほんとに店がやってないな。人すらいない。
皆何処に行ってんだろか。
川岸に着いた。釣りをしてる人や、水辺で戯れてるカップルがいる。
しばし、それらや波をボーッと眺める。
parana

宿に引き返し疲れたので寝る。
洗濯をしなければならないが・・それはサルタでもいいか。
明日チェックアウトして、アルゼンチンのサルタを目指そうと思う。
ここは悪くないところだが、夜が寒い。
土日に来たのは残念だったが、たぶんもう一泊しても微妙だと思う。
今日の夜はアサードを食べにいった。骨付き肉だ。
少し硬いが美味しい。味は濃い目にしてある。
ビールと一緒に食べたら、かなり良かった。

夜風邪をひいたらしい。寒いからな。風邪薬を飲んで寝た。

パラグアイ初日(5月16日)・・・パラグアイに来ました。 

初日。
朝食を食べてから、バスターミナルへ。
昨日宿に新しく来た白人のカップルがウザかった。
男はイビキがデカく。女は寝言がうるさかった。
だが、それだけならまだしも女の方は特にひどい。
夜中に平気で電気をつけるわ。朝6時ぐらいに、電気をつけて
男とペチャクチャ喋りだす始末・・・最悪だ。
躾のわりーやつらだな・・・

事前に切符を買っていたので、1時間前ぐらいから
乗り場前で待機。なんか寒い。晴れてるのに・・
昨日より寒い気がする・・・割と急激に冷え込んでるのかもしれない。
初日の夜はシーツみたいな薄いものしかなくて、寒くて眠り辛かったが
昨日は毛布を持ってきてくれたので何とか眠れた。

バスがいつも通り遅れてきたので乗車。
今回座席指定はないようだ。昼飯も期待しない方がいいかな。
9時45分発の15時着。プエルトイグアス→ポサダス行き
5時間程度。楽勝だね。
最近バスでの移動で20時間とか乗ってるので、全然苦にならなくなってきた。
バスだからかもしれない。これが、飛行機だときっと辛い。
飛行機は景色が見えないというのが大きいと思う。窓が小さいしね。
バスの揺れは心地いいが、飛行機の揺れは決して心地いいとは言えない。
やっぱり俺は陸路がいいね。バスや電車。飛行機はつまらんよ。

無事ポサダスに到着。バスの中では何故かジム・キャリーの映画が
立て続けに上映されてた。どんだけ好きなんだよ。
ポサダスからは、またバスに乗り国境を越えてパラグアイの
エンカルナシオンまで行く。
その前にサルタ行きがあるかどうか、確認。
あった。16:15発でカマ(171ペソ)とセミカマ(150ペソ)両方ある。
所要時間も9時間とプエルトイグアスから行くよりも全然安いし、早い。
問題は到着時刻だ・・・午前1時到着とか・・アホか。
だが、わざわざプエルトイグアスに戻るよりは遥かにいい。
一応サルタの宿は、バスターミナルから少し歩いた場所に
ユースホステルがあるみたいだから、まぁなんとかなるかな。

さて、エンカルナシオン行きのバスを探す。
わからん。インフォメーションへ。
何か食ってた女の人が、食べながらもわざわざ案内してくれた。
8番乗り場から4ペソでいけるみたいだ。
国境を越えるバスなのに4ペソとか・・・安い。
バスが来た。しかし10番乗り場だ。違うのかなと遠目に見てたら
近くにいたギターを背負った青年がパラグアイ行きのバスだと教えてくれた。
ありがたい。
バスの運ちゃんに、5ペソ出すと2ペソ返ってきた・・・
はて・・4ペソだと聞いたんだが。インフォメーションのねーちゃんが
間違えているのか、はたまたバスの運ちゃんがめんどいだけなのか・・
各駅停車みたいなので、乗客の乗降を見ていると
皆5ペソ渡して、2ペソ返ってきてる。やはり3ペソのようだ。
インフォメーションのねーちゃんが間違えていたようだ。
しかし、バスの運ちゃんの金の扱い方がひどい。
受け取るときに、必ずギュッと握るので必然札がクシャクシャになる。
なので殆どの札が、クッシャクシャだ。
バスに乗せるのに、いちいち金を受け取るなんて面倒臭いとすら思ってるんじゃないだろか。
運ちゃんに限らず、この国の人は皆そうなのかも。
ほとんどすべてのお札がクッシャクシャだったり、ボロボロだからな・・

国境まで行き、まずはアルゼンチンの出国審査を受ける為降りる。
何故か皆ダッシュする。・・・?
そのまま出国し、乗ってきたバスに戻るのかと思ってたら
バスが行ってしまった・・・おいおい。
とりあえず出国審査をすまして、外に出ると
新しいバスが来ていた・・そーいうことね。
また3ペソ払い乗り込む。
そしてパラグアイの入国審査を受けるため、間のパラナ川の橋を渡る。
この橋は歩いて渡ることも出来るみたいだが、結構長い。
今回は自重しておいた。
パラグアイの入国審査も凄く簡単だった。
入国の際、大体の国で紙に何か書くもんだが。それすら無い。
大体どちらの国も、荷物のチェックすらしてない・・・
いいのか?それで。
para-aru
para_immi


無事パラグアイに入国したものの、やはりまたバスは行ってしまった。
また3ペソ払わにゃならんのか・・・
バスを待っていると、おっさんが話しかけてきた。
アルゼンチンペソとパラグアイグアラニを両替してくれるそうだ。
レートを聞くと、100ペソ→130000グアラニだそうだ。
事前に調べておいたレートだと、100で134000グアラニだったからちと悪い。
かと言って、この国の通貨を少しも持っていないというの不安だったので
20ペソだけ替えておいた。26000グアラニ。
バスが来たので乗り込む際、前の人を見ていると
前のバスの切符を見せるだけで乗っていた。
なんてこった。新たに支払う必要はなかったんだ。
くそー。3ペソ損した。
当然俺も今回は切符を見せて乗り込んだ。

para_bus

バスに乗りながら、パラグアイの町並みを見ていると
もろ発展途上国な感じがありありと出ている。
しかし、それが何かいい感じだ。活気もあるようだ。
心が浮き立ってくる。
正直パラグアイがどんな国なのか、全然知らなかった。
まおさんからパラグアイはいいとこだと聞いて、行き方と宿だけ
聞いてやってきた。他の情報は全然知らない。
日本で生活していても、パラグアイを意識する事なんて殆どないんじゃないか。
ホリケンがたまにジャンプしながら叫んでるときぐらいでしょ。耳にするのは。
そんな状態で来てみたが・・パラグアイ。いいかもしれん。
なにより暖かいのがいいね。

降りる場所がわからなかったので、適当なところで運ちゃんに聞いてみた。
すると、さっき過ぎたという4ブロック戻ったところだと言われその場で降りる。
言われた通り戻ると、バスターミナルに着いた。
ホテルはすぐ近くにあるはずなので、探す。すぐ見つかった。
HOTEL GERMANO
germano
germano_heya

なんでドイツなのか、サッパリわからんが一泊US10ドルと8ドルの部屋がある
違いはトイレ付かどうかだけ。当然安い方に泊まる。
宿は日本人のAKIKOさんがやっているみたいだ。
とても感じのいい人だ。情報ノートもあるし。
部屋を見せてもらったが、一人部屋でエアコンもついてる。
隣にトイレとシャワーがあり、悪くない。
居心地は良さそうだ。
リビングでは子供達が一杯いた。塾か何かやってんのかな?

荷物を置き、とりあえずAKIKOさんに教えてもらったスーパーに行く。
明日は日曜なので、大体の店は閉まる。買出しをしておかないと。
とはいえ、飯屋ぐらいはやっているそうなので軽くでいいか。
スーパーは結構でかい。割と何でも揃いそうだ。
ここエンカルナシオンでは、支払いはパラグアイグアラニ
アルゼンチンペソ、USドルの3種類から選べるみたいだ。すげーな。
国境で20ペソしか交換してなくて、両替も閉まっていたので
不安だったんだが、そもそも両替する必要もなかったみたいだ。
おっさんめ。まぁ、20ペソだけにしといて良かった。

スーパーの隣のグラムで料金を取る、バイキング形式の飯を食い
宿に帰った。久しぶりに野菜を食えて満足。
宿は残念ながらネットは繋がらないので、blogの下書きと日記を書いておく。
s6

明日はトリニダー遺跡まで行きます。
洗濯物が溜まっていて、やばい。洗濯したいが、ここでは出来ないみたい。
クリーニングは土曜なので、もう閉まっていた。当然日曜はやっていない。
居心地も悪くなさそうだし、月曜ぐらいまでいようかな・・

パラグアイ速報 

更新が遅れましたが、無事パラグアイに入国出来ました。
宿にネットがなく、近くにもWI-FIのあるカフェ等ないため
とりあえず、インターネットカフェにて近況をお伝えします。
日本語入力も出来るので助かった。(40分 3000グアラニ)

パラグアイとてもいいところです。
入った街エンカルナシオンってところが、田舎だということもあるんでしょうが
もろ発展途上な感じがしていて、それ故活気があるように見えます。
アルゼンチンのポサダスからバスで国境を越えたんですが
バスの車内から見える景色を見て、心が浮き立ってきました。
うわー、俺旅してるなぁ。と実感した。

ここでは、HOTEL GERMANOってとこに泊まっています。
バスターミナルの隣にあり、便利です。宿のオーナーもAKIKOさんという日本人の方がやっています。
一泊8ドル。
パラグアイの物価はアルゼンチンより少し安い程度。
お金の単位はグアラニで、100円で5250グアラニぐらい。
単位がでかいので、かなりわかり辛いです。
土曜日に入ったので、両替とか出来なかったんですが
この街では、グアラニは勿論。アルゼンチンペソやUSドルも使えるみたいです。便利

初日は近辺をぶらついて終了。
二日目はパラグアイに来た目的である、世界遺産のトリニダー遺跡を見に行きました。
そして今日、三日目は溜まっていた洗濯物をランドリーに出し
土日で見れなかった街などを、よく見ようと思います。
明日、アルゼンチンに戻りサルタへ向かうつもりです。

とりあえず近況まで。詳細は多分サルタの宿か、出来たらポサダスのターミナルでうpします。
パラグアイ来てよかったわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。