スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続アルゼンチン十五日目(5月20日)・・・サルタ到着。 

十五日目。
再びアルゼンチンに入り、サルタに到着しました。
到着した途端、色んなホステルの勧誘が寄ってきました。
一つ一つ値を聞いてみると、大体の相場は25~28ペソみたいです。
25ペソでWI-FI使えて、セントラルに近い場所。
ホステル SOL FUASI というところに決めました。
場所がすごくいいです。内装も悪くないし。朝食付です。

まずは街をブラブラ。歩き方に載っていた中華料理屋
LOS DOS CHINOS(何かどっかで聞いた名前だな・・)で鶏肉チャーハン食べました。15ペソ
めっちゃ旨い。やっぱ中華はどこでも旨いな。
さらにプラプラ歩いていると、いきなり話しかけられました。
コロンビア人のクリスチャン。日本人の友達がいるらしく、更に日本が大好きだそうです。
特にほんの少し前に核を落とされたばかりなのに、それを思わせない復興ぶりに感動したそうです。
しばらく、話(っていうか一方的に話され)をしてから何処に行くんだ?と聞かれたので
民芸品市場に行くと言ったら、案内してくれました。
更にメアドも教えてくれ。困ったら、いつでも尋ねてくれと言われ民芸品市場で別れました。
ついでにボリビアのウユニでの安宿も教えてくれました。ありがとうクリスチャン。

民芸品市場はショボかったです。
疲れたので、宿に帰りblogのうpしてます。

サルタの町並み
salta1
salta2
salta3
salta4

明日はボリビアのウユニに向けて、出発します。
まずは、ラ・キアカかな?
スポンサーサイト

アルゼンチン十四日目(5月15日)・・・イグアスの滝へ!! 

十四日目。
晴れた!見事に晴れた!淀みのない青空です。
うひょー。ありがとう空!これで心おきなくイグアスへ行けます!
まずは腹ごしらえ。朝食はパンとコーヒーでした。
しかしジャムとバターとドルチェデレチェがついていたので良かったです。
飯を食べ終え、すぐさまバスターミナルへ。
イグアスまでは5ペソ。30分ぐらいで到着します。
国立公園に着きました。
iguas_gate
入園料60ペソです。高い・・な。
入口にはお土産物屋と少し歩くとフードコートなどがあります。
当然素通り。更に歩いていくとGREEN TRAILという道に入ります。
600mちょっと。道の終わりに駅がありました。
ig_train
タダです。そりゃそーか。
イグアスの滝近くまで電車で運んでくれるみたいです。
ig_train2
到着してからイグアスの滝。まずは悪魔ののど笛目指して歩きます。
結構長い距離を歩きます。しかも鉄の網で出来た橋を歩いていくので
下がまる見えです。
ig_way
キターーーー!
iguasu
イグアス!
iguasu3
イグアス!!
iguasu2
さらにイグアス!!!
iguasu4
もひとつイグアス!!と俺!
iguasu_ore
きたなー。はるばるイグアスまで。
旅に出てから一月と少し。とうとうイグアスに来てしまいました。
この旅2つ目の大物じゃないでしょうか?
正直登っていないエアーズロックより感動した。

しばらくは、ボ~っと見つめてました。
しぶきがすごいので、少し寒いです。
しぶきでカメラをやられる人が多いみたいです。
まおさんもカメラのファインダーがちゃんと開かなくなってました。
実際目の前にカメラのレンズが収納出来なくなってる人がいました。
ご愁傷様です。

さて充分堪能したので、国立公園を歩いて周ることに。
電車の駅まで戻る。まだ電車は来ていないようだ。
せっかくなので先ほど電車で来た道を歩いてみることに。
ig_way2
その前に店で軽食を買う。
chipa
チパといいます。2ペソ
パンにチーズを練りこんだようなもの。
かなり身が詰まっているみたいで、噛むたびに軋むような音がします。
なかなか旨い。腹もふくれるし。

エアーズロックでもそうだったが、大自然のあるところってのは
赤土なんだろうか。
結構長かった。途中電車にも追い越されてしまった。
次はUPPER TRAILというところに行ってみる。
道中で鳥やよくわからんのがいた。
igu_tori
ig_animal
このよくわからんのは大人しいが、食料などをもっていると寄ってきます。
そして、油断するとかっさらっていきます。
白人のおばさんがホットドッグ取られてました。
日本の猿みたいだな・・・

また店があったので、さらに軽食を買う。
ig_cookie
名前は忘れましたが、クッキーみたいなものでキャラメルを挟んだもの。
クッキーというよりは、カステラを硬くしたようなものなのか?
やたらと喉が渇く。3ペソ

UPPER TRAILに到着。
ig_rainbow
ig_rainbow2
虹がかなりハッキリ出ていた。
しばらく眺めたあと、DOWN TRAIL?だったっけ?に移動。

そこからボートツアーに参加出来るので、せっかくだからと申し込んだ。
ツアーは3つあり、
1.ジャングルを4WDで走るやつが150ペソ
2.滝の上流をボートで走るのが35ペソ
3.滝の下を走り、ラストに滝に突っ込むのが75ペソでした。
更に2.3を併せたものが100ペソ。
2.3を併せたものを申し込んだら、2にもう空きがないとかで断られました。
仕方ないので3の滝に突っ込むやつだけを申し込む。
事前にまおさんに聞いていたので、実は朝から水着着用で来ていたのだ。
しかし行ってみると、誰も水着の人がいない。
大体ポンチョだけ着ているみたいだ。ポンチョは19ペソとやや高かったので
買う気がおこらなかった。
中にはおっさんが一人で来ていて、ポンチョすら被らず来たままの格好で挑む猛者もいた。
せっかく着てきたのでと、ジーンズとパーカーを脱ぎ。
帽子と眼鏡も取った。できれば、Tシャツも脱ぎたかったが
誰も半裸の人がいないので、自重しておいた。

荷物を貸してくれる防水の袋に入れ、ベストタイプの浮き輪を装着して準備。
ボート乗り場で待機する。日が出ていればいいが雲で隠れると寒い・・・
前のグループが帰ってきた。皆ビックリするくらいビショ濡れだ・・・
それを見て更に寒くなってきた・・・・ちょっと不安になってきた。
とりあえず待機場所で写真を一枚。
ig_boat
カメラがオシャカになってはシャレにならないので
防水袋にしっかりと仕舞う。

いざ乗り込むと、やっぱり寒い。
気持ちはいいが、寒い。夏にくれば、さぞや気持ちがいいんだろうな。
まずは周囲をグルグル。
そして悪魔の喉笛を遠めに眺める。
喉笛までは行かないのか?
すると、近くのちいちゃい滝に突っ込んだ・・・冷たっ!いや、ショボッ!
まさか、これで終わりなのか?と危惧していると
また別のそこそこ大きい滝まで行き突っ込んだ。
ここは、すごい。ビッショビショになった。めっちゃ寒い。
更にボートが作り出す波が塊で飛んでくる!
衝撃と冷たさと寒さで、マジやばい。震えがとまんねー!死ぬ。
更にもう一回突っ込む。いや、もう勘弁してください。
それで終了。
全身完全にビショ濡れだ・・・着替えはアンダーパンツしか持ってこなかった
Tシャツと、あとタオル持ってこればよかった・・・
ビショ濡れのままボートを降り、浮き輪と袋を返す。
とりあえず、靴を履き。ちと遠いが陽の当たる場所まで退避。

暖かいコーヒーを頼む。(7ペソ)
店員が笑いながら寒いか?と言ってくる。見りゃわかんだろ。
椅子で日向ぼっこしながら、Tシャツを脱いで干す。
半裸はまずそうなので、パーカーだけは着ておく。
するとそこへ、さっきのおっさんが来た。
普段着のままビショ濡れだ。フリース素材のベスト着てるから絞れるほど・・
被害は俺より酷そうだ・・・お互いを見て笑いあった。

Tシャツは乾きそうにないので、仕舞い。
トイレで着替えた。
もうイグアスは充分堪能したわ。
それから最初に来た場所まで戻り。
宿に帰った。
今まで他にも、幾つかの世界遺産に行っていたが。
どれも・・・なものが多かった。
しかしイグアスは違う。納得の世界遺産だと思う。
マジ来て良かった。

明日はパラグアイのエンカルナシオンに向けて出発します。
帰りしなバスのチケットを買いました。
まずは、ポサダスに行き。そこからエンカルナシオンに行くみたいです。

いや~。今日は楽しめた。

アルゼンチン十三日目(5月14日)・・・プエルトイグアスに到着 

十三日目。
今回の夜行バスは良かった。出発の時間が10分遅れたが、まぁいいだろう。
到着の方は更に遅れたみたいだが。12:25到着予定だったのが
実際に到着したのは13:45だった。まぁいいけどね。
だが、ちゃんと夕食も出たし朝食も出た。
夕食は旨かった。朝食はコーヒーとクロワッサンだけだったが充分だ。
最初、朝食がわからなかった。とあるターミナルで停まった時、皆降りていった。
荷物を置いていったので、なんだろかと様子を見てから下車。
係の人に何時に出発かと聞くと10分後だという。
バスは朝食が出るのか?と尋ねると、朝食の場所へ案内してくれた。
なるほど。そういうシステムだったのか。危うく食い逃すとこだった。


来ました。プエルトイグアスに!なんとプエルトイグアスは・・・
p_iguazurain
雨だったOrz
かなり切ない。
気を取り直し、まずは腹ごしらえ。ターミナルのレストランに行き
miramiraとカフェレチェを頼む。(10+6ペソ)
miramiraとは長いパンに肉とトマトとレタスを挟んだもの。
それを2分割して出てきます。まぁ、サンドウィッチです。
結構な量で腹がしっかり満たされます。
腹ごしらえも済み宿探し。

宿は事前にブエノスの宿ヴィクトリアで情報をゲットしていたので楽勝です。
レストランの前におもいっきし、ユースホステルあるけどどーなんだろ。
情報ノートに一切書いてなかったな・・・あんなにターミナルの目の前にあって
便利そうなのに・・皆泊まらないんだろうか・・・何かあるのか?
よくわからんが、とりあえず前評判のいいピーターパンという宿に行くことに。
まおさんも、そこに泊まったそうなので大丈夫でしょ。

宿は簡単に見つかり、チェックイン。
一泊30ペソだとか。まおさんが泊まった時は35ペソだったそうだ。
ほんの2,3日前のことなのに・・何故値下げしてるんだ?
ちょうどシーズンオフにでもなったのか?なんにせよ得した。
pi-tapan

荷物を置き、バスターミナルへ。
まずはイグアスの滝行きのバスの時間と場所。
それから、今後の行き先であるエンカルナシオンとサルタまでのバスの時間を聞く。
エンカルナシオンまでは、直接ないらしく。まずはポサダスまで行かなければならないようだ。
サルタまでは直接あるが、23時間かかるみたいだ。
2通りの乗り方があり、ダイレクトと乗り換えがある。
乗り換えだと、到着するのが00:30とか・・・それから宿探しとか・・無理だろ。
しかし、ダイレクトだとセミカマしかないらしい・・・
23時間セミカマか・・・寒いが、仕方ないのか・・
用事が済んだのでターミナルを後にする。
iguazu_terminal

スーパーに寄り、パンと水とドルチェデレチェを買う。夕食はこれでいいや。
ドルチェデレチェはまおさんに教えてもらったもので、キャラメルクリームだ。
パンにつけて食うとかなり旨い。

今日はホテルに引きこもり。なんせ、この街ホステルはすげーあるけど
他には何もない。明日イグアスの滝へ行きます。
晴れますように。

アルゼンチン十二日目(5月13日)・・・夜行バスでイグアスへ 

十二日目。
朝と昼はパンとパテとチーズ。6日分の支払いをすまし12時前に宿を出る。
6日で150ペソだ。安いね。
外は朝から雨が降っていたが、昼になってだいぶおさまってきた。
バスターミナルまで地下鉄で行き、イグアス行きのチケットを買う。
カマで152ペソ。19時発で到着は明日の昼ぐらいかな。20~22時間は見た方がいいと言われた。
今回のバス会社では飯が出ますように。
出発までかなり時間があるので、日本に荷物を送る。
母の誕生日(もう過ぎてるが・・)のためにマテ茶の容器と茶葉を送る。
アルゼンチンでは送ったモノが届かなかったりする事がよくあるらしいが
どーなんだろ。103ペソもかかって、届かなかったらマジで涙目なんですけど。
中身より送る方が高いとか・・・Orz

とりあえず荷物も無事に送ったので、バスターミナルに戻る。
出発までかなり時間があるので持て余す。
土産物屋をブラブラしつつ、過ごすもなかなか時間が進まない。
仕方ないのでカフェに入る。コーヒーは8ペソと高いので紅茶を頼む。
紅茶は6ペソだ。すると、ティーパック1つとお湯とミルクが来た。
おー。これなら一杯以上飲めるじゃないか。コーヒーより得じゃね?
これからは紅茶を飲む事にしようかな。

その後もプラプラして、こっちでは有名なのかそこら中にチェーン店がある
HAVANNAというチョコパイ屋さんでチョコパイを1つ買ってみた。3ペソ。1つで。高いな・・
結構街で買ってる人達をよく見るので、期待して食べたが。
確かに旨い。けど、わざわざお土産として買っていくほどのものじゃない。
日本のチョコパイの方が安くていい。

wi-fiが繋がるか試したところ、繋がったのでblogのうpしてます。
今16時になったばかり。まだ3時間はあるよ・・・

とりあえず、次はイグアスにて更新します。ノシ

アルゼンチン十一日目・・・美術館へ(5月12日付) 

十一日目。
朝はパンにチーズとオレオ。
洗濯をして、部屋で溜まっていたblogを片付ける。
昼からはまおさんと、国立美術館と国立装飾美術館に行く予定。
国立装飾美術館は火曜日無料なので行くなら今日しかない。
それ以外の日に行くと、8ペソもとられる。

昼にまおさんが迎えに来たので、出かける。
コレクティーボに乗ってレコレータ地区へ。今日は混んでいないようだ。
レコレータにつき、美術館まで歩いていく。
まずは国立美術館に着いた。
kokuritu1

かなりでかいみたいだ。じっくり見るため30分後に落ち合う約束をして
別れた。海外の有名な作家などの絵も置いてあり
ゴッホやピカソ、ゴーギャンなんかがあったみたいだ。
後からまおさんに聞いて知りました。全然名前とか見てないから
わからんかったわ。画風でわかるほど絵に精通してないしね。
ところで俺は人物画よりは風景画の方が好きだな。
人物画を見ても、大して何も思わないが風景画を見ると
一体何処の場所なのか、まだあるんだろうか。行く事は出来るのか?
などと考えてしまう。観てて楽しいしね。

30分経ち、待ち合わせの場所へ。
二階もあるみたいなので、二階に行き。また30分後に落ち合う約束をして別れる。
二階はアルゼンチンのアーティストだけを集めたみたいだ。
風景画など繊細なタッチの絵が多い。流行ったのかな?
わりと、どれも似てるな・・・
あとは近代芸術やなんだかよくわからない気持ちの悪いものなどがあった。
また、まおさんと落ち合いしばらく絵の事を話してから後にした。

次に国立装飾美術館へ歩いていく。
ガイドブックによると、建物そのものがブエノスアイレス市内で
最も美しいと言われているそうだ。
gomibako
gomibako

どうなんだろ・・・
中に入ると、かなり大きな広間がある。でかい暖炉と高い天井に
豪華なシャンデリアが飾ってある。隣の間には
ベルサイユ宮殿の鏡の間?だったかを真似た廊下などがある。
展示物はロダンの考える人のレプリカや恐らく知らないだけで
有名な人であろう人の絵画や彫刻などが展示されている。
正直8ペソは高いんじゃないかなと思うが・・・どーなんだろ。

その後、マテ茶の容器を買いにサン・テルモ地区のDEFENSA通りへ
ここの通りにシャレた店があり、そこのマテ茶の容器は
道端で売ってる奴よりも、質もデザインもいいのに安いという。
同宿のまいさんに教えてもらった。日本へ送るのにちょうどいいなと
買いに行った。わりとすぐ見つかり、確かに道端で売ってる奴よりも
いいモノだと思う。2つストローみたいなのとセットで買った。
1セット30ペソで、2つ買ったので60ペソ。
試しに安くしてくれと言ったら、キャッシュで払えば10%オフにしてくれるとか
言ってみるもんだな。
日本へのお土産が出来た。後は送るだけだが、どうやって送ればいいものか
アルゼンチンでは日本へ送ると、結構届かなかったりするみたいだ。
しかし俺のカバンに入れておくには、ちと辛い。あまり容量がないので・・
それでも、明日送れるなら送ってみようと思う。まぁ賭けですな。

帰りしなスーパーにより、肉とパプリカ、たまねぎ、じゃがいもを買い
まおさんと一緒に飯を作って食べた。肉は微妙だったが
野菜炒めはなかなか旨かった。

さて、明日の夜行でようやくイグアスに行こうと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。